作曲部門・予選結果発表【Announcement of the results of the International Left-Hand Piano Competition for Composition】


第2回 ウィトゲンシュタイン記念 左手のピアノ国際コンクール
プロフェッショナル作曲部門にご応募いただいた皆様

今回は「左手ピアノ作品のための作曲コンクール」という世界初の試みにも関わらず、多くの方からのお申し込みをいただき、最終的に25作品が提出されました。

それらの作曲においては、予想を上回る様々な方向からのアプローチがなされており、その多様な姿を聴衆の皆さまと共有するために、当初の予定より少し多めの10作品を選出し、演奏してお聴かせする必要があると判断いたしました。そして『左手ピアノ作品のレパートリー拡充と普及』により深く寄与することも目指しております。

エントリーいただきました作曲家の皆さまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。

ウィトゲンシュタイン記念 左手のピアノ国際コンクール
作曲部門審査委員長:北爪道夫

In spite of the fact that this is the world’s first “International Competition for Left-Hand Piano, Composition category”, we received many entries and in the end 25 works were submitted.

These compositions were approached from a variety of perspectives that exceeded our expectations, and in order to share these diverse works with the audience, we decided that we needed to select 10 works to perform, although this is more than we had originally planned. We also aim to contribute more deeply to the “expansion and popularization” of the repertoire of left-hand piano works.

We would like to take this opportunity to thank all the composers who have entered the competition.

Wittgenstein Memorial International Competition for the Left Hand Piano
Chairman of the Jury for the Composition Category
Michio Kitazume

◆ 入選者(アルファベット順)
The following is the list of qualifiers (in alphabetical order)

  • AOKI, Sota 青木聡汰
  • HIJIKATA, Nagisa 土方渚紗
  • ITAMURA,Hiroatsu 板村博貴
  • JIROMARU, Tomoki 次郎丸智希
  • NAKAMURA, Takashi 中村 節
  • ONO, Mizuki 大野瑞季
  • PARK, Soo-Hyun 朴 守賢
  • TAKETANI, Aiko 武谷あい子
  • VESTI, Ulrik
  • WITMER, David

左手のピアノ国際コンクール実行委員より、

左手のピアノ国際コンクール実行委員長の智内威雄です。多くのご応募いただきありがとうございます。この「左手のピアノ音楽」の分野に興味を持ち作曲していただいたことに感謝しております。

今回の審査結果を受けて、本選会の演奏公開審査のために高岡準さん(第1回大会プロフェッショナルピアノ部門優勝者)と私で選出されました10作品の演奏準備をいたします。

一般的な作曲コンクールでは、譜面審査で選出された作品のみが演奏審査に進むため、結果的に多くの作品が演奏されないまま、催しの幕を閉じることになります。しかしこのコンクールでは、そういった演奏されない作品をなるべく出さないようにすること、そして何より参加してくださった皆さまへの感謝として、今回はご応募いただきました全25作品全ての演奏と音源収録を行うことを決めました。

発表期間として、少し時間をかけながら1年を目処に行います。応募してくださった皆さまの楽曲を勉強出来ることを楽しみにしています。

聴衆参加される皆さまには、本大会会期中の楽曲発表だけではなく、今後1年続く演奏発表の機会もお楽しみいただけるようにいたします。引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

左手のピアノ国際コンクール実行委員長
智内威雄

My name is Takeo Tchinai and I am the Chairman of the Executive Committee of the International Left-Handed Piano Competition. I would like to thank you all for your interest and compositions in the field of “Piano Music for the Left Hand”.

Based on the results of the judging, Jun Takaoka (the winner of the first competition) and I will prepare the performance of the ten pieces selected for the public final auditions.

In a typical composition competition, only the pieces selected from the score judging proceed to the auditions, and as a result, many pieces may not be performed ever. However, in this competition we do not want any of these pieces to go unperformed. As a way of saying thank you to all those who have participated, we have decided to record and perform (or re-perform) all 25 pieces submitted.

We plan to keep them archived over a period of about one year. We are looking forward to studying the music of all the applicants.

We hope that the audience will enjoy not only the presentation of the pieces during the competition, but also the opportunity to replay the performances over the next year. Thank you for your continued support.


左手のピアノ国際コンクール事務局より、

以上の入選10作品は12月18日の作曲部門・公開本選審査会 15:00開始予定(大阪府箕面市立メイプルホール)で、ピアニスト高岡準、智内威雄により演奏されます。
今後の事務連絡は全参加者に、後日あらためてメールでお知らせをします。
審査結果、審査内容に関するお問い合わせには一切お応えできませんので、予めご了承ください。

From the Secretariat of the International Left-Hand Piano Competition

The above 10 works will be performed by the pianists Jun Takaoka and Takeo Tchinai at the open final auditions of the composition section on the 18 December, 2021, starting at 15:00 (Maple Hall, Minoh, Osaka).
Further information will be sent to all participants by email at a later date.
Please note that we will not be able to respond to any enquiries regarding the results or details of the judging.

The entry period for this Composition category has been extended until Friday, the 17th. September, 2021.


To all the supporters of the 2nd Wittgenstein Memorial International Piano Competition for the Left Hand
The organising committee of the competition would like to inform you of a new deadline for entry submission in the Composition category. The entry period for this category has been extended until Friday, the 17th. September, 2021. All submissions must be received by this date.
We have taken this decision in light of the rapidly spreading COVID-19 and the fact that some composers studying composition at universities or other educational institutions may need permission to submit their works.
We would like to thank all the composers who have already submitted their works. The composition category will be the first in the history of classical music to accept entries for works for left-hand piano performance. If you are considering applying, please take this opportunity to do so.
———–
第2回ウィトゲンシュタイン記念 左手のピアノ国際コンクールを応援してくださっている皆さま、
左手のピアノ国際コンクール実行委員会から、作曲部門開催についてのお知らせになります。当部門の参加応募受付の期間を延長いたします。新しい日程は9⽉17日(金)提出作品の必着日となります。
大学などの教育機関で作曲を学ばれている方の中には、提出する作品についての許可が必要になるケースがあるようで、急速な感染拡大をするコロナウィルスの影響を考慮して判断しました。
すでにご応募いただきました作曲家の皆さまには感謝申し上げます。この作曲部門は、左手のピアノ演奏のための作品を応募するという、クラシック音楽史初の試みになります。応募を検討されている方はぜひこの機会にお申し込みください

Prizes


Prizes for the composition category

Grand Prize
・Prize money 300,000 yen

Grand Prize and Winning pieces
・Production and distribution of music
・Production and distribution of audio-visual material
・Score publication

Grand Prize: 1 winner
・Commission of a chamber music piece (with members of the Japan Century Symphony Orchestra and a left hand pianist)
※To be selected from the prize winners in the composition category.

Juries
Chairperson : Michio KITAZUME
Osamu KAWAKAMI, Hiromichi KITAZUME, Takeo TCHINAI

The entry fee for the composition category
12,000 yen


Piano Category

Those selected by the Osaka, Tokyo and Kumamoto judging panels will be given the opportunity to perform at the Gala Concert on 19 December, 2021
※ or video participation

Juries
Chairperson: Takeo TCHINAI
Izuru KOBAYASHI, Minoru TSUZAKI, Jun TAKAOKA, others

The Entry fee for the piano category
1,2000 yen

作曲部門に室内楽作品委嘱の副賞追加


日本センチュリー交響楽団の皆様からのご好意で、今大会の作曲部門の副賞として、楽団員共演による室内楽作品委嘱の賞が追加されました。

大阪府箕面市の左手のピアノ国際コンクールと同じく、大阪の北摂地域・豊中市を本拠地とするプロオーケストラの日本センチュリー交響楽団からの大きな支援です。ピアノ演奏は、第1回左手のピアノ国際コンクールのプロフェッショナル部門の入賞・入選者を候補に依頼します。

なお、この副賞の運営資金になりますセンチュリー交響楽団が行うクラウドファンディングは、7月5日まで続いております。引き続きご支援・ご参加いただけると幸いです。
https://shopping.nikkei.co.jp/projects/centurylefthand

我々左手のピアノ国際コンクールも、作曲部門の楽譜出版に関するクラウドファンディングを夏あたりから開始する予定です。そちらの情報はまた後ほどお知らせします。

ピアノ部門:地方審査会の追加


大阪審査会に来られない方は、東京会場、熊本会場にて無観客の対面審査を選択することができるようになりました。今大会は熊本、東京、大阪のいずれかの会場で審査会に参加できます(感染状況によっては内容が変更になることがあります。予めご了承ください)。

大阪大会と同じく、演奏後に講評が渡されます。各会場で選抜された入選者は12月19日に大阪府箕面市メイプルホール大ホールで開催されるガラコンサートに参加できます。

※入選された方で、当日ガラコンサートの会場に来られない方は、代わりに各会場の審査会で収録する映像を再生いたします。

詳細は以下の規定書をご覧ください
http://lefthandpianocompetition.com/application-pianist/

動画配信のお知らせ


第2回ウィトゲンシュタイン記念 左手のピアノ国際コンクール開催に向けて、大会に関連した動画配信を行います。配信URLは以下になります。※多数リクエストがあり、動画の公開期限を延長することになりました。
追記:https://youtu.be/b0g3wnYCPgo

◆日時
2020年12月6日(日)15時~(24時間公開予定)

◆愛好家部門:演奏 抜粋映像
片手演奏のアマチュア奏者数名(未定)
◆作曲部門:委嘱作品の初演映像
作曲:北爪道夫、川上統、北爪裕道、近藤浩平
演奏:智内威雄、高岡準(第1回左ピアノ国際コンクール プロフェッショナル部門 第1位受賞者)
◆左手のピアノ国際コンクールの説明
解説:智内威雄

収録会場:大阪府 豊中市立文化芸術センター 大ホール
配信会場:埼玉県蕨市

主催:(一社)ワンハンドピアノミュージック
共催:左手のピアノ国際コンクール実行委員会
収録協力:豊中芸術文化センター
配信協力:蕨市民音楽祭実行委員会、蕨市、蕨市教育委員会
ピアノ提供:日本ピアノサービス CD-135 1925年製アートヴィンテージ スタンウェイ

第2回の開催月


第2回ウィトゲンシュタイン記念 左手のピアノ国際コンクール開催日
20年9月、21年2月と大会を延期をしながら日程調整を続けていました第2回大会は、21年12月に行うことが決まりました。

応募部門はピアノ愛好家部門、作曲プロフェッショナル部門の2部門を予定しています。詳細は追ってお知らせします。

2020年7月5日 左手のピアノ国際コンクール実行委員会

大会延期のお知らせ


第2回ウィトゲンシュタイン記念 左手のピアノ国際コンクール延期のお知らせ
昨今の社会情勢を鑑みて、第2回ウィトゲンシュタイン記念 左手のピアノ国際コンクールは開催を延期することになりました。当初の開催予定日は21年2月27日でしたが、21年秋以降の開催を目指します。

次回大会は当初予定されていましたアマチュア・ピアノ部門と、プロフェッショナル・作曲部門の開催を予定しています。日程等が決まりましたら再度お知らせいたします。今後とも応援のほどよろしくお願い申し上げます。

左手のピアノ国際コンクール実行委員長
左手のピアニスト智内威雄 2020年4月3日

第1回大会の公式映像


『「 苦難の歴史を乗り越え開かれた未来に」
~病と音楽についての体験談~』より

パネルディスカッション映像
2018年11月4日 <第1回ウィトゲンシュタイン記念 左手のピアノ国際コンクール>

審査のふりかえり


審査委員代表:智内威雄
(審査委員:川上統、小林出、武田真理、智内威雄)

アマチュア部門

大変熱量の高い名演の連続でした。我々審査員一同その情熱に驚きました。審査員控え室でも、聴衆のように演奏の喜びを語り合っていました。その熱はそのまま審査結果にも反映されました。
アマチュア部門の大賞は本来1人に与える予定だったのですが、皆さまの熱演に審査員一同感動し、3人に授与することになりました。そしてそれだけにとどまらず全ての参加者に賞を与えたいという審査員全員の思いが高まり、全ての方に特別賞が行き渡るようにしました。

プロフェッショナル部門

大変レベルが高く、1人1人の音楽性の高さ、音楽への希望の強さなどを感じました。そして素晴らしい事に、本選には全く違う6人の個性を選ぶことが出来ました。誰1人似ている演奏スタイルの方はいませんでした。
そもそも全く違う演奏スタイルの者同士を比較する事は不可能であると感じ、我々は少し変わった審査方法をとりました。他人と演奏を比較するのでは無く、その人自身が持つ個性をよく観察し、演奏でどれだけ表現出来たかという事に焦点を絞りました。個々の持つ個性についての話し合いは、回り道に思えるかもしれませんが、その反面、参加者の様々な美点を発見する事ができました。順位についても審査員全員一致の回答が出されました。このような審査が出来たことは国際国内問わずピアノコンクールの場では非常に珍しい事であり、とても誇らしいことでした。

全ての演奏に真摯に向き合ってくださった審査員の皆さまに感謝いたします。


各部門の講評

プロフェッショナル部門本選の講評

1位の高岡さんは、音楽に対する愛情と造詣の深さを元に、非常に高い精度で楽曲を演奏されていました。その演奏は、ただ精密なだけではなく、曲への愛情に満ちていました。本選のウィトゲンシュタイン編曲のシャコンヌでは、彼の持ち味を全て出し切るような渾身の演奏であり、その情熱に会場中が熱狂しました。群を抜いた優れた解釈と探究心、そして素晴らしい演奏に敬意を表し1位、そしてウィトゲンシュタイン賞を授与しました。

2位のチャイキティワッタナさんは、表現、技術面、舞台でのマナー、全てにおいて完成された舞台人であり、既に優れたコンサート・ピアニストでした。本選では少し集中力が保てなかった部分もありましたが、予選、本選通じて素晴らしい演奏を聴かせてくださいました。特に予選のスクリャービンは、繊細でありながらも非常に迫力ある演奏でした。
スクリャービン特有の内に秘めた美しさと激しさを見事な名演で披露してくださいました。今回のコンクール中で、最もピアノが響いた瞬間でした。本選でもラヴェルのピアノ協奏曲を熱演してくださいました。20代前半とまだ若く、これからの活躍が期待される逸材だと思います。2位おめでとうございます。

3位の瀬川さんは、予選から彼女の持ち味を活かした演奏を披露してくださいました。とても情熱的でグイグイと引っ張り、そして劇的な効果を演奏にふんだんに盛り込みながら、一瞬でホールをコンサート会場にかえてしまうような演奏を披露してくださいました。上位では高岡さんと並び30代という、ピアニストとしても一番エネルギーに満ちた年代です。予選に比べると本選では少し疲れが演奏に現れてしまいましたが、それでもピアニストとしての経験を活かして巧みに舞台をまとめ上げている姿は立派でした。このプロフェッショナル部門にふさわしい経験豊かな魅力的な舞台を作り上げたことが評価されました。3位おめでとうございます。

3位の早坂さんは、予選で演奏されたスクリャービンが叙情的で美しく、曲の内面から湧き上がる音楽を見事に紡ぎ出してくれました。本選は少し集中が切れてしまう部分もありましたが、立て直しもとても早く、プロの舞台でも十分通用する精神力を見せてくれました。予選同様に叙情的で幻想的な世界を描き出し、とくにサンカンを演奏した時は、その美しさに 会場中が息をのむほどでした。まだ10代と若い世代のピアニストですが、間違いなくこの世代を牽引していく優れたピアニストだと思います。そして演奏順番で直前の瀬川さんの演奏スタイルとの違いも、コンクールの見どころの1つになっていました。瀬川さんの能動的で内面の激しさを持つ美しさと、早坂さんの受動的な静けさを持つ美しさのコントラストは、多様性あるピアノ演奏にまた新たな1ページを刻みました。3位おめでとうございました。

入選の平良さんは、予選では少し硬い印象がありましたが、本戦では伸びやかで清々しい演奏を披露してくださいました。手の脱力など、体の使い方が絶妙であり見事な音をピアノから引き出していました。腕の重みをうまく活かした奏法は、ピアノが音を潰すこと無く余裕を持って鳴り響き、聞いていてもとても心地の良い演奏でした。シャコンヌなど大きめな曲を今後どのように平良さんの個性で染め上げていくかが楽しみです。入選おめでとうございます。

入選の恩田さんは、予選で聴かせていただいたゴドフスキーの練習曲が素晴らしかったです。とてもよく整理されており、左手のピアノ音楽上で最も難曲であるはずの楽曲が、あたかも簡単な曲であるかのように錯覚させられました。見事な解釈であり見事な演奏でした。本選では全体的に演奏の疲れが目立ってしまい彼女特有の理知的な表現が発揮出来なかったのが残念でしたが、今後の演奏に大いに期待しています。入選おめでとうとございます。

アマチュア部門の大賞受賞者への講評

木田さんは、卓越した技術はアマチュア部門というよりは、プロフェッショナル部門の域に達した演奏でした。アプジルの演奏は素晴らしく、この楽曲を知らなかった人でも、演奏でありアプジルの魅力に魅了されたのでは無いでしょうか。その演奏力が評価され大賞となりました。

濱川さんは、ゴドフスキーの練習曲と、アンドリーセンの楽曲を演奏してくださいました。以前よりワンハンドピアノフェスタにも参加してくださっていますが、毎回誰もが知らないような楽曲を掘り起こし、そして理知的な解釈に裏打ちされた演奏により、より多くの方に魅力を広めていらっしゃいます。その楽曲を紹介していく姿勢は、プロアマ問わず見習いたい姿勢です。その演奏と楽曲への向き合い方が評価され大賞となりました。

久本さんは、近藤浩平さんの「海辺の祈り」と「うみ」を演奏されました。まずプログラミングが素晴らしかったです。、震災後の海と、平和な海を照らし合わせ、メッセージ性の強い選曲をされていました。演奏は更に素晴らしく、音楽性はもちろんの事ですが、楽譜の読み込みも優れており、音価の正確性に始まり、楽譜の裏側にあるペダリングによる絶妙な響きのコントロールなど、左手のピアノ音楽に求められるペダル技術を存分に披露してくださいました。特にそのペダリングが評価され大賞に選ばれました。

第1回大会:審査結果


11月2日、3日、4日に行われました第1回 ウィトゲンシュタイン記念 左手のピアノ国際コンクールの結果を掲示します。

プロフェッショナル部門22名、アマチュア部門28名が応募されました。参加者の方々、審査員の方々、運営スタッフに聴衆の方々の間にも沢山の交流が生まれ、大変素晴らしい大会になりました。この大会の運営は、左手のピアノ演奏による「交流」がテーマにありました。目標に向け切磋琢磨できる仲間との出会いを提供するために色々な工夫をちりばめました。

賞に関しましては、各自の今後の励みにしていただければと思います。選考理由などの大会総括は後ほど公式サイトに掲載いたします。個々への講評はメールアドレスに直接送らせていただきます。本コンクールをきっかけに、素晴らし縁が広がっていく事を期待します。また次回も皆さまにお会い出来る事を楽しみにしています。

左手のピアノ国際コンクール実行委員会


プロフェッショナル部門

1位 高岡 準
2位 チャイキティワッタナ・ガン
3位 瀬川 泰代
3位 早坂 眞子

入選 平良 久美
入選 恩田 鈴華

プロフェッショナル部門の特別賞

ウィトゲンシュタイン賞(純金メダル+500$) 高岡 準

優秀演奏者賞(提供:岩瀬様) 瀬川 泰代
優秀演奏者賞(提供:岩瀬様) 早坂 眞子
優秀演奏者賞(提供:岩瀬様) 平良 久美
優秀演奏者賞(提供:岩瀬様) 恩田 鈴華

近藤浩平賞(提供:近藤様) 高岡 準
レフトハンドパフォーマンス賞(提供:平谷様) 高岡 準
レフトハンドパフォーマンス賞(提供:平谷様) チャイキティワッタナ・ガン
レフトハンドパフォーマンス賞(提供:平谷様) 瀬川 泰代
レフトハンドパフォーマンス賞(提供:平谷様) 早坂 眞子
レフトハンドパフォーマンス賞(提供:平谷様) 恩田 鈴華
レフトハンドパフォーマンス賞(提供:平谷様) 平良 久美

アマチュア部門

大賞 木田 なおみ
大賞 濱川 礼
大賞 久本 久子

入選 中辻 晃子
入選 鈴木 笙太
入選 稲垣 綾香

アマチュア部門の特別賞

メイプル音楽賞(提供:井野口様) 中辻 晃子
メイプル音楽賞(提供:井野口様) 鈴木 笙太
メイプル音楽賞(提供:井野口様) 稲垣 綾香

こころピアノ音楽賞(提供:馬場様) 高橋 佳子
こころピアノ音楽賞(提供:馬場様) 桂 む雀
こころピアノ音楽賞(提供:馬場様) 菊地 礼子
こころピアノ音楽賞(提供:馬場様) 玄地 寿美子
こころピアノ音楽賞(提供:馬場様) 森川 信子
こころピアノ音楽賞(提供:馬場様) 河野 信幸

ワンハンド・ピアノレッスン賞(提供:辻様) 浅井 千明
ワンハンド・ピアノレッスン賞(提供:辻様) 内藤 みゆき
ワンハンド・ピアノレッスン賞(提供:辻様) 辻 千賀子
ワンハンド・ピアノレッスン賞(提供:辻様) 上田 茂智

近藤浩平賞(提供:近藤様) 久本 久子

日本ギロック協会賞(提供:日本ギロック協会様) 太田 美羽
日本ギロック協会賞(提供:日本ギロック協会様) 常本 志帆
日本ギロック協会賞(提供:日本ギロック協会様) 濱本 彩菜
日本ギロック協会賞(提供:日本ギロック協会様) トーラ

作編曲賞 小野 智洋
作編曲賞 岡沢 成俊
作編曲賞 大山 滉介

敢闘賞 阿部 恭子
敢闘賞 伊藤 友香子
敢闘賞 若林 寛
敢闘賞 小杉 世

受賞者記念コンサートのお知らせ


11月4日(日) 17:00~
(本コンクール入賞者と、左手のピアニスト智内威雄によるピアノコンサート)

◆チケット:前売り2500円、大学生以下2000円、当日3000円、障がい者1500円、ペア券4800円(前売りのみ2枚発券)
◆チケット問い合わせ:072-721-2123 contact@lefthandpianocompetition.com 左手のピアノ国際コンクール実行委員会 事務局(9:00-17:00 月曜休館) 箕面市立メイプルホール内

実行委員長:挨拶


皆さんこんにちは、左手のピアニストの智内威雄です。このたびは大阪府箕面市にて、世界初になる「左手のピアノ国際コンクール」を開催する運びとなりました。

“苦難の歴史を乗り越えた芸術を、開かれた未来のために”をスローガンにこれまでも「左手のピアノ音楽」の普及活動を行ってきました。その2度の世界大戦で発展した演奏分野は、楽曲の外面的な美しさだけではなく、近代の世相をも映しだす類い希なレパートリーです。約300年続いてきたと言われる左手のピアノ音楽ですが、その演奏分野に特化したコンクール・コンテストが行われた記録はなくクラシック音楽史上初めての試みになります。

第1回の左手のピアノ国際コンクールは、国際文化交流を育む箕面市と関連する諸団体、市民と共に世界に向けて発信を行います。
皆さんの参加をお待ちしています。

第1回大会 開催のお知らせ


2018年11月2~4日、大阪府箕面市にて「第1回 ウィトゲンシュタイン記念 左手のピアノ国際コンクール」を開催します。「左手のためのピアノ曲」にフォーカスしたコンクールは世界初の試みであり、左手のピアノ曲のさらなる発展と充実を目指します。そして障がいの有無にかかわらず、ピアノ演奏による表現を競い合います。本コンクールは、左手のピアノ曲の認知向上にとどまらず、ピアノ演奏を通した地域社会との連携も視野にいれ、国際文化交流を育む箕面市と関連する諸団体、市民と共に世界に向けて発信します。応募部門は、プロフェッショナル部門とアマチュア部門の2部門になります。